京都 進路資料室

-京都の高校 大学合格実績-

洛星高校 ー難関大合格数の推移ー 2018年版

洛星高校の最近15年間の難関大合格者数の推移です。

難関大学群である東大・京大・国公医の合格数が今年は82人にとどまりました。合格者数と合格率のどちらも4年連続での減少です。

京都大学の合格者数は42人でした。洛星の第1期生88人が卒業したのが1958年であり、京都大学に7人が合格しています。翌59年が16人、60年が13人、61年が39人の合格です。今年の42人はこの61年の39人に次いで同校史上5番目の少なさということになります。

今年の高校別の京大合格数ランキングでは10位となり、1961年以来継続してきたトップ10以内をかろうじて守りました。

f:id:mid7739:20180425061442p:plain

注1)地帝一工神:地方旧帝大(北海道、東北、名古屋、九州)および一橋大、東工大、神戸大

注2)国公医:国公立大医学部医学科の合格数を表しますが、東大理3と京大医学科の合格数はそれぞれの大学合格数の方にカウントしているので国公医には含んでいません。その他の地方旧帝大と神戸大医学科は国公医に含んでいます。したがって「地帝一工神」には医学科合格数は含んでいません。

注3)最難関率:東大・京大・国公医の合格総数を当該年度の卒業生数で除した割合

注4)難関大率:東大・京大・国公医および地帝一工神の合格総数を当該年度の卒業生数で除した割合