京都 進路資料室

-京都の高校 大学合格実績-

洛北高校 ー難関大合格数の推移ー 2020年版

洛北高校の2006年から今年までの15年間の難関大学合格数の推移です。

今年は京大が昨年から倍増の22人が合格、東大も2人増でした。国公医は3人減だったものの8人合格と洛北にとっては高い水準を維持した結果、最難関群(東大・京大・国公医)の合格数は33人と、中高一貫1期生の卒業から11年目にして最多の合格実績となりました。

地帝一工神の合格数と合わせた難関国立大の合格総数も56人となり、卒業生に占める難関大学合格者の割合が初めて20%を超えています。

f:id:mid7739:20200618183008p:plain

注1)地帝一工神:地方旧帝大(北海道、東北、名古屋、大阪、九州)および一橋大、東工大、神戸大

注2)国公医:国公立大医学部医学科の合格数を表しますが、東大理3と京大医学科の合格数はそれぞれの大学合格数の方にカウントしているので国公医には含んでいません。その他の地方旧帝大と神戸大医学科は国公医に含んでいます。したがって「地帝一工神」には医学科合格数は含んでいません。

注3)最難関率:東大・京大・国公医の合格総数を当該年度の卒業生数で除した割合

注4)難関大率:東大・京大・国公医および地帝一工神の合格総数を当該年度の卒業生数で除した割合

嵯峨野高校 ー難関大合格数の推移ー 2020年版

嵯峨野高校の15年間の難関大合格数の推移です。

今年は東大合格がゼロでしたが、京大は過去最高に並ぶ25人でした。国公医も前年から4人増だったため、最難関群(東大・京大・国公医)の合計は過去最多の31人となりました。

地帝一工神の合計では前年より9人減であり、難関大合計では前年からやや減少して74人という結果でした。

f:id:mid7739:20200607125942p:plain

注1)地帝一工神:地方旧帝大(北海道、東北、名古屋、大阪、九州)および一橋大、東工大、神戸大

注2)国公医:国公立大医学部医学科の合格数を表しますが、東大理3と京大医学科の合格数はそれぞれの大学合格数の方にカウントしているので国公医には含んでいません。その他の地方旧帝大と神戸大医学科は国公医に含んでいます。したがって「地帝一工神」には医学科合格数は含んでいません。

注3)最難関率:東大・京大・国公医の合格総数を当該年度の卒業生数で除した割合

注4)難関大率:東大・京大・国公医および地帝一工神の合格総数を当該年度の卒業生数で除した割合

西京高校 ー難関大合格数の推移ー 2020年版

西京高校の過去15年分の難関大合格数の推移です。

前年との比較では東大4人増、京大3人増、国公医1人増といずれも増加しており、最難関群の合計は41人と西京にとって過去2番目の実績になりました。また、東大合格5人は同校史上最多でもあります。

その一方で阪大9人減、神戸大10人減、北大8人減など地帝一工神の合計は47人にとどまり、9年ぶりに50人を下回りました。それだけ、最難関群にチャレンジした生徒が増えたということなのかもしれません。

f:id:mid7739:20200531054206p:plain

注1)地帝一工神:地方旧帝大(北海道、東北、名古屋、大阪、九州)および一橋大、東工大、神戸大

注2)国公医:国公立大医学部医学科の合格数を表しますが、東大理3と京大医学科の合格数はそれぞれの大学合格数の方にカウントしているので国公医には含んでいません。その他の地方旧帝大と神戸大医学科は国公医に含んでいます。したがって「地帝一工神」には医学科合格数は含んでいません。

注3)最難関率:東大・京大・国公医の合格総数を当該年度の卒業生数で除した割合

注4)難関大率:東大・京大・国公医および地帝一工神の合格総数を当該年度の卒業生数で除した割合

 

 

堀川高校 ー難関大合格数の推移ー 2020年版

堀川高校の2006年から今年まで15年分の難関大学合格数の推移です。

東大が2人減、京大が3人減でしたが国公医が6人増でしたので最難関群の合格数としては横ばいでした。堀川は2004年以来、京都府内の公立高校の中で単年度の東大合格数が最多でしたが(2012年は西京と1位タイ)、今年は西京にその座を明け渡しました。

一方で阪大は24人合格で探究科設置以降では最多の合格数です。神戸大も昨年に続いて20人を超えるなど「地帝一工神」の合計は55人となり、こちらも探究科設置以降では過去2番目の合格数でした。この結果、難関大率では4年ぶりに50%台を回復しています。

f:id:mid7739:20200529061405p:plain

注1)地帝一工神:地方旧帝大(北海道、東北、名古屋、大阪、九州)および一橋大、東工大、神戸大

注2)国公医:国公立大医学部医学科の合格数を表しますが、東大理3と京大医学科の合格数はそれぞれの大学合格数の方にカウントしているので国公医には含んでいません。その他の地方旧帝大と神戸大医学科は国公医に含んでいます。したがって「地帝一工神」には医学科合格数は含んでいません。

注3)最難関率:東大・京大・国公医の合格総数を当該年度の卒業生数で除した割合

注4)難関大率:東大・京大・国公医および地帝一工神の合格総数を当該年度の卒業生数で除した割合

 

 

洛星高校 ー難関大合格数の推移ー 2020年版

洛星高校の2006年以降15年分の難関大学合格数の推移です。

今年は、東大合格数が昨年の4分の1である4名に減少しました。過去50年でみても2003年の3名に次ぐ歴史的低水準です。京大は46人合格と、今年も50人台を回復出来ず、結果として59年間維持してきた京大合格校ランキング10位以内から陥落しました。昨年は大きく伸びた国公医合格数も今年は27人と、10年ぶりに30人を下回りました。

東大、京大、国公医のいずれもが昨年を下回ったため最難関群の合格数は過去35年間で最少の77名にとどまりました。

f:id:mid7739:20200516162412p:plain

注1)地帝一工神:地方旧帝大(北海道、東北、名古屋、大阪、九州)および一橋大、東工大、神戸大

注2)国公医:国公立大医学部医学科の合格数を表しますが、東大理3と京大医学科の合格数はそれぞれの大学合格数の方にカウントしているので国公医には含んでいません。その他の地方旧帝大と神戸大医学科は国公医に含んでいます。したがって「地帝一工神」には医学科合格数は含んでいません。

注3)最難関率:東大・京大・国公医の合格総数を当該年度の卒業生数で除した割合

注4)難関大率:東大・京大・国公医および地帝一工神の合格総数を当該年度の卒業生数で除した割合

洛南高校 ー難関大合格数の推移ー 2020年版

洛南高校の過去15年分の難関国立大の合格数推移です。

東大が前年から3人増ですが、京大12人減、国公医4人減であり、最難関群(東大・京大・国公医)の合格総数は13人減って126人でした。1990年以降では最少の合格数です。京大合格数が52人でしたが、これも洛南にとっては1985年の50人以来の低い水準です。

地方旧帝大など難関大学群の合格数も49人であり、こちらも1990年以降で最も少なくなりました。少し前までなら阪大、神戸大の2大学だけでも70名程度の合格者がいるのが当たり前でしたが、この数年で急激に減少しています。

f:id:mid7739:20200508052040p:plain

注1)地帝一工神:地方旧帝大(北海道、東北、名古屋、大阪、九州)および一橋大、東工大、神戸大

注2)国公医:国公立大医学部医学科の合格数を表しますが、東大理3と京大医学科の合格数はそれぞれの大学合格数の方にカウントしているので国公医には含んでいません。その他の地方旧帝大と神戸大医学科は国公医に含んでいます。したがって「地帝一工神」には医学科合格数は含んでいません。

注3)最難関率:東大・京大・国公医の合格総数を当該年度の卒業生数で除した割合

注4)難関大率:東大・京大・国公医および地帝一工神の合格総数を当該年度の卒業生数で除した割合

京大合格数の変化ー公立と私立を比較(1990年~2020年)

公立高校が京大合格数で私立を逆転

以前に2回、京都の高校から京都大学に合格している人数を「公立」と「私立(国立含む)」とに分けてグラフ化しました。今回は2020年までのデータを使った第3弾となります。

今年、公立高校からの京大合格者数は138人、私立高校からは134人でした。公立が私立を上回るのは1974年以来ですから実に46年ぶりです。

f:id:mid7739:20200405165559p:plain

京都では1970年代以降、公立高校からの京大合格数が減少し、代わって洛星、洛南、京教大附属といった私立・国立高校が台頭しました。その傾向は2000年前後にピークに達し、京大に合格した京都の高校生の9割以上が私立高校出身という事態になりました。

その後、公立高校に進学指導に重点を置いた専門学科が設置されたり、公立中高一貫校が開設されたりした結果、公立高校からの京大合格者数が増え、2010年(洛北、西京の中高一貫1期生が卒業した年にあたります)以降は、私立と公立の合格数はかなり接近してきていました。

ただし、公立高校からの京大合格数は2012年に148人を記録した後は伸びていません。上のグラフを見ればわかるように近年は横ばいです。一方の私立・国立は若干増加する年があるものの全体の傾向としては右肩下がりが続いています。

 

私立高校の京大合格減少は”医学部シフト”が原因?

「私立中高一貫校の京大合格数が減少しているのは、長引く不況の中で東大・京大よりも医学部を目指す受験生が増えたため」という指摘があります。いわゆる「医学部志向の高まり」「医学部シフト」という現象です。大学入試結果を伝える週刊誌などの報道でもよく目にする論説です。しかし、少なくとも京都の私立高校においてはデータ上、そのような東大・京大から医学部へという移動はあまり顕著ではないようです。

f:id:mid7739:20200505081303p:plain

上の表は2005年から2020年までの16年分の合格実績を前半と後半各8年分ずつでまとめて、その増減を比べたものです。表中の4つの高校はいずれも2005年当時、東大京大国医の合格数が多く、京都を代表する進学校と目されていた私立・国立高校です。

この中で医学部の合格数が増えているのは洛南のみです。洛星は横ばい、京教附と同志社は減っています。京大合格数では洛南を含めて4校すべて減少しています。東大でも洛南は減少、洛星は横ばいです。京教附と同志社は元々の合格数が少ないので傾向というほどのことは分かりません。

これらのデータから解ることは、唯一医学部合格が増えている洛南も、それ以上に東大・京大の合格者が減っているということです。洛南は2006年に共学化して、高校1期生が2009年に卒業、附属中1期生が2012年に卒業しており、その頃から医学部合格数が大きく増えています。理系女子の場合、理工系よりも医薬系への進学志向が高いと言われていますので、洛南の医学部合格増は共学化の影響が大きいのでしょう。しかし一方で東大京大国医の合格総数は減少しているので、学校全体としての最難関群への合格力は低下しています。洛星など他の3校についても医学部合格数は増えずに、京大合格数だけが一方的に減り続けています。

社会経済的な要因を背景とする全国的な医学部志向の高まりが、京都の私立一貫校の生徒の大学志望状況にも影響を与えているのは確かでしょう。しかし、単に医学部志望者が増えただけなら、東大京大国医の合格総数には変化はないはずです。ところが実際には4校のいずれもが減少しています。

したがって、洛南や洛星の京大合格数の減少の理由としては、00年代中盤以降の公立高校の台頭によって、東大京大国医に合格し得る力を持った生徒が私立一貫校に集まりにくくなったためとの見方が妥当だと思われます。