進路資料室

-京都の高校 大学合格実績-

東京大学合格者数~1950年以降の累計~

京大学合格者数については「東大合格高校盛衰史」(小林哲夫著・光文社新書・2009年)がたいへん参考になります。この本には1950年から2009年までの間の東大合格者累計が各都道府県別・高校別に掲載されています。

そこで、そのデータを基に2010年から2017年までの合格数を補足して、京都の高校からの東大合格数データを見てみましょう。

 

まずは、2009年までの累計合格数が10人を超えていた学校の一覧です。

 東大合格数累計(1950年~2009年)

 f:id:mid7739:20170917135149p:plain

洛南と洛星の2校が他を圧倒しているのは予想通りといったところでしょう。京教大附属と同志社がそれに続いているのも、最近まで両校が京都有数の進学校であったことを考えれば順当です。5~7位には府北部の3校が並んでいます。京都市内の学校と比べて、地理的に京大一辺倒というわけでもなかったことが理由でしょうか。

堀川は2009年時点では第8位。長らく東大合格がなかった堀川ですが2003年に1名が合格して以降、2009年までの7年間で24名が合格。鴨沂、洛北、紫野などのかつての公立上位校を一気に抜いて順位を上げています。

 

続いて、2010年から2017年までの合格数です。

 東大合格数累計(2010年~2017年)

f:id:mid7739:20170917142505p:plain

最近8年間の累計では洛南、洛星の上位2校は変わりませんが堀川が3位となり、西京、洛北、嵯峨野と続きます。近年の動向を反映した結果といえます。

 

最後に2009年までの累計と2010年以降の合格数を合算した一覧です。2009年までの順位との変動を矢印で表現してみました。

東大合格数累計(1950年~2017年)

f:id:mid7739:20170917144509p:plain

f:id:mid7739:20170917144557p:plain

※洛陽と伏見はどちらも1960年代に工業単科高校となった後、2016年に統合して京都工学院高校となった。

※城南と西宇治は2009年に統合して城南菱創高校となった。

 

 

 

 

公立上位4校の専門学科を比較する

らく低迷していた京都府の公立高校の進学実績が上向きに転じたのは嵯峨野高校堀川高校に、進学指導に重点を置いた「専門学科」が設置されたことがきっかけだとされています。

2000年代の前半から堀川、嵯峨野、西京といった専門学科を設置した各校の進学実績が伸び始め、塾業界を中心に「公立御三家」といった言葉も生まれ、今ではすっかり定着しました。

この「専門学科」というものは文部科学省令「高等学校設置基準」などで定められているもので、従来から工業、商業、農業などの職業教育をおこなうための専門学科を設置する高校は各地にありました。

嵯峨野(京都こすもす科)や堀川(自然探究科・人間探究科)に設置された専門学科はそれらの職業教育とは異なり、実質的には大学進学指導に特化した特進コースのようなものなので、総称して「特進系専門学科」と呼ばれることもあります。

現在、京都府内には特進系専門学科を設置する公立高校が16校ありますが、やはり進学実績という点では堀川、西京、嵯峨野が抜け出ています。桃山の自然科学科も今年はなかなか良い実績を出していそうですが、残念ながら高校側が自然科学科のみの大学合格実績を部分的にしか公表していないので正確なところはわかりません。なお、堀川と嵯峨野には専門学科とは別に普通科も存在しますが、公表されている実績をみる限り両校の専門学科普通科には大きな差があります。

これまで、このブログで紹介してきた各高校の進学実績はそれぞれの高校全体のものでしたが、入学試験の時点で専門学科普通科は別に募集され、高校3年間のカリキュラムも異なります。専門学科普通科の定員割合が高校によって様々であることも考えると、各高校の進学実績を比較する際には高校全体で考えるよりも、専門学科普通科を分けて、専門学科同士や普通科同士で比べることも、これから高校を受験する立場の中学生や、その保護者の方々にとっては志望校選択にとって意味のある情報となるように思います。

そこで今回は専門学科にしぼった進学実績について公立上位4校を一覧にしてみました。ただし洛北以外の各校は浪人の合格数については専門学科普通科の区別がつきませんので、表の数字はすべて現役のみの合格数です。なお、洛北の中高一貫コースは高校設置基準上の専門学科ではありませんが、事実上の特進コースという意味では御三家の専門学科と同様の位置付けですし、来年度からは高校課程が専門学科(サイエンス科)となる予定なので一覧に加えました。

※他校にも言えることですが、専門学科の名称にやたらと長いカタカナを使用したり、勉学内容を表さない名称をつけるのは、どうも好きになれません。洛北は確かに以前から「サイエンス」を看板にしていますが、専門学科名については伝統校らしく漢字で簡素な表現なものにしてほしかったと思います。

 

 公立上位4校・専門学科の進学実績(2015年~2017年の3年平均・現役のみ)

f:id:mid7739:20170814044222p:plain旧帝大と神戸大医学部合格数は各大学の合格数と「③国公医」の両方に計上し、合計欄で重複分を控除しています。このため各大学の合格数を単純に合計しても合計欄の数字と一致しない場合があります。

※生徒数は、学科別の卒業数について確認できない学校がありましたので、4校とも入学数で計算しています。転校、中退などで卒業数とは若干差異があると思われますがご了承下さい。

 

単年の合格実績のみでは各校とも年によって増減がありますので、過去3年間の合格数の平均値で一覧にしてみました。

生徒数は、最も多い西京高校・エンタープライジング科(定員280)と最少の洛北高校中高一貫コース(定員80)では3.5倍の差がありますので、合格者の絶対数では当然ながら生徒数の多い学校のほうが多くなります。

そこで、もう一つの視点として合格数を生徒数で除した百分率を「合格率」(正確な表現ではないかもしれませんが)として比較すると以下のようになります。

f:id:mid7739:20170814044333p:plain

※最難関大:東大、京大、国公立大医学部

※難関大:旧7帝大、一橋大、東工大、神戸大、国公立大医学部

 

 

 

 

 

 

 

 

 

京都新聞の記事「府内高校17年度大学合格調査」を補足してみる その③

 月15日の京都新聞に「府内高校17年度大学合格調査」の第2弾として私立編が掲載されました。そこで公立編と同じく、国公立大学に50人以上の合格者があった私立高校10校について、各高校の合格者数などを一覧表にしてみました(国立である京教大附属高も私立に含めています)。

 

国公立大学 合格数ランキング(府内私立高)

f:id:mid7739:20170715131953p:plain

 旧帝大や神戸大の医学部合格数は「③国公医」と各大学の両方でカウントした上で、合計欄で重複分を差し引く形としています。このため「①~③計」と「①~⑦計」欄の数字は単純に各大学の合格数を合計したものとは一致しませんのでご了承下さい。

 

立高校と、ひとくちに言っても形態は様々です。表の10校の中では洛星が高校募集を行わない完全中高一貫校であり、京都成章は附属中学を持たない高校単独校です。その他の学校は附属中学がありつつ、高校募集も実施する中高一貫校です。

また、京都女子、京都橘、立命館京産大附属は大学附属高として内部進学でそれぞれの大学に進学する生徒も多い一方で、外部進学にも力を入れています。

進学実績の点では、やはり洛南と洛星が他校を圧倒しています。とはいえ、公立高校が進学実績を伸ばしている中で、私立高校全体の進学実績は洛南、洛星も含めて、この10年ほど低下傾向にあるように見えます。

京都新聞の記事では、中高一貫教育を重視する洛星や京都女子には2014年の公立高校の入試制度変更の「影響はほとんどない」と書かれていましたが、はたしてどうでしょうか。

確かに2014年入試そのものの影響は小さい(完全中高一貫である洛星は特に)としても、両校とも以前に比べると難関大学への合格者数を徐々に減らしています。かつてなら、中学受験をして私立中高へと進学していた層の一部分が、中学受験をせずに高校から公立御三家を目指す、或いは中学受験において公立中高一貫校を目指すという流れが出来たからこそ公立高校の進学実績は上向き、私立中高は全体として低下傾向にあるという結果になっているように思われます。

 

 

京都新聞6月17日付記事「府内高校17年度大学合格調査」を補足してみる その②

 

回の続きです。表題の京都新聞の記事では関関同立(関西大・関西学院大同志社大立命館大)の合格者数についても触れていました。記事では関関同立に100人以上合格者がいたのは9校となっていましたが、こちらの集計では10校(城南菱創を追加)なので、10校について一覧にしてみました。

 

関関同立合格者ランキング(府内公立高)

f:id:mid7739:20170702142136p:plain

<表の見方・項目の説明>

「延合格数」は、現役と浪人を合わせた合格総数です。私立大学では1人の受験生が1つの大学の複数の学部学科を受験し、その結果として複数の合格通知を手にすることが可能であるため、合格数は実際の頭数よりも多くなるのが一般的です。

ただし、南陽・山城・莵道の各校については浪人を含めた合格数が高校の公式サイト上で公開されていないため、週刊誌(「サンデー毎日」および「週刊朝日」、以下同じ)掲載の合格数に拠っています。山城は上の表では5位ですが、京都新聞の記事では山城の「関関同立」延合格者数を232人と紹介しているので、実際には3位なのかもしれません。

「実合格数」は、1人の受験生が同じ大学に複数合格しても1人とカウントした人数です。こちらのほうが実態に近い数字と言えます。なお、嵯峨野以外には実合格数を公表している府内高校はありませんので、他校の実合格数は週刊誌からのものです。

「現役進学数」とは、関関同立の各大学に現役合格した受験生の内、実際にその大学に進学した人数をあらわします。これも週刊誌掲載の数字から集計しました。関関同立の場合、国公立大学や他の私立大と併願しているケースが多いので合格者の内、実際に入学する割合は一般入試全体では2、3割程度となっています。難関国立大学への進学者が多い高校ほど、関関同立合格者に占める入学者の割合は低くなる傾向があります。

 

ンキングに並ぶ高校名は、前回の国公立大学ランキングと似たような顔ぶれですが、順位には違いがあります。一番目立つのは国公立大ランキングでは2位の堀川が、関関同立では6位と順位を下げ、合格人数でも上位と大きな差があることです。

東大、京大、阪大などの難関国立大学に合格する受験生ならば、関関同立は難易度的には十分合格圏内です。しかし、そういった難関大志望者は浪人も覚悟して第1志望の国立大を目指すので、現役の時には関関同立レベルの私立大をあまり受験しない傾向があります。また、関関同立には医学部がないので、医学部志望の受験生も当然ながら関関同立は受験しません。

このため、堀川のような難関大や医学部志望者が多い高校では関関同立の合格者はそれほど多くならないのだと思われます。同様に西京、洛北、嵯峨野でも、成績上位者では関関同立を受験する割合はさほど高くなく、そのため難関大合格数の割には関関同立合格数は多くありません。反対に、山城高校や紫野高校では国公立大学合格数に比べて関関同立合格数が多くなっています。

 

ういった各高校の特徴を見るには、人数に重複がある延合格数だけではなく、実際に進学した大学(当然、1人が1つの大学に進学する)はどこか、という点で比較してみる必要があります。①難関国立大、②その他の国公立大、③関関同立、④産近甲龍の4つの区分での現役進学率をまとめたのが下の表です。

※難関国公立とは、旧帝大および一橋大、東工大、神戸大、国公立大医学部という意味で使っています。

f:id:mid7739:20170702155056p:plain

数字は、今年の卒業生の内、各区分の大学群に実際に進学した割合を表します。また、各区分での割合の高低を赤色のグラデーションで表現しています。

国公立大学の中には関関同立よりも合格難易度の低い大学もありますし、産近甲龍の中の近畿大学には難易度の高い医学部や薬学部があるので、一概には言いきれない部分がありますが、基本的には表の右にいくほど入試難易度は低くなります。

堀川の場合は難関国公立大への進学割合が29.3%と最も高く、その他の国公立、関関同立と順に割合が低くなり、産近甲龍に進学したのは2%です。西京も同様に右にいくほど割合が低くなっており、難易度順に進学するという上位進学校の典型的なパターンだと思われます。反対に、紫野や山城、莵道は関関同立産近甲龍への進学割合が高く、国公立大は低くなっています。

洛北は難関大進学率が堀川、西京に次いで高い一方で、公立上位4校(堀川・西京・洛北・嵯峨野)の中では産近甲龍の割合も相対的に高く、4つの区分に均等に進学しています。これは洛北が「中高一貫」、「普通科文理」、「普通科スポーツ専攻」と3つのコースにわかれていて、進学先にもコースごとの特徴が反映するためでしょう。

桃山や山城、紫野も専門学科普通科にわかれているので、同じ高校内でも専門学科の方が、より難易度の高い大学に進学する割合が多いと予想されますが、これら3校は専門学科普通科にわけた進学実績を公表していないので実際のところがよくわかりません。入口(高校入試)も、中身(教育カリキュラム)も別なのに、出口(進学先)については一緒にして公表というのは少々おかしい気がします。

何らかの教育的配慮の結果なのでしょうが、その一方で、3校とも学校案内パンフレットやホームパージでは、グローバルとかサイエンス等の言葉を並べて、難関大学進学への取り組みを強調しています。桃山高校の学校パンフには「難関大学現役合格者数が激増!」と、学習塾の広告のような言葉まで踊っています。

そういう宣伝文句(言い方は悪いですが)と、3校の進学実績の公表の仕方には、相当の落差を感じるというか、チグハグだなという印象を持ってしまいます。同じ公立高校でも堀川、嵯峨野、洛北はコース別の進路結果を公表しています。桃山、山城、紫野はいずれも京都市内では志望者の多い「人気校」ですので、願わくば適切な情報提供をおこなってほしいものです。

いささか、話しが脱線してしまいましたが、大学群ごとに進学割合を見てみると、各高校の特徴があらわれてくるように思います。

 

 

 

 

 

京都新聞6月17日付記事「府内高校17年度大学合格調査」を補足してみる その①

京都新聞に「府内高校17年度大学合格調査」という記事が掲載されていました。今回は公立編と書いてあるので後日、私立編も載るのでしょう。

記事では、京都市・乙訓通学圏での総合選抜の完全廃止など、14年度に公立高校の入試制度が変更された後に入学した”1期生”が大学受験を迎えたということで、各高校の進学実績の変化に着目し、公立高校の序列化が強まったと報じています。

ただし、記事では「国公立大50人以上」だった16校の学校名を表にしているものの、各校の合格数までは具体的に記載していません。地元紙として「学力層の序列化」を危惧する声に配慮したものと思われますが、中途半端な感じは否めません。

そこで、各高校のホームページなどに掲載された合格実績をもとに、記事にあった16校の国公立大合格数を紹介します。

 

国公立大学 合格数ランキング(府内公立高)

f:id:mid7739:20170618100908p:plain

表の各大学の合格数は現役・浪人を合わせたものです。ただし、国公立大合格合計で赤字になっている高校は現役のみの数字です。したがって浪人を含めた合格総数はもう少し多い可能性があります。

こういう資料を作っていて不思議に思うのは、京都の公立高校には大学合格実績を現役合格数のみしか発表していない所が多いことです(私立高では逆に、現浪合計のみで、現役合格数がわからない学校が多いのですが)。浪人生の場合、合否確認の手間がかかるという事情はあるにせよ、確認そのものが不可能ではないはずですが、どうして現役のみしか集計しないのでしょうか。

なかには洛西高校のように当初は現役・浪人両方の実績をホームページに公開していたのに、現役のみに変更してしまった学校もあります。まさか「浪人した生徒のことなど、もう知らん」と高校側が思っているわけではないでしょうし・・・。教育委員会に何らかの方針があるのでしょうか?

なお、表の一番右の「難関大占有率」というのは国公立大合格者数に占める難関10大学プラス医学部合格者数(表の「①~⑪計」)の割合です。国公立大学とひとくちにいっても、難易度の点では上から下まで様々ですから、各校の特徴をあらわす指標としてつけ加えてみました。上位4校(堀川、西京、洛北、嵯峨野)の難関大割合が他校とくらべて群を抜いて高いことがわかると思います。

記事にある「学力層の序列化」を考察するのなら単純な合格者の総数だけではなく、こういった比率も含めて考える必要があると思います。

ところで、公立高校といっても各高校にはそれぞれ特色があり、専門学科の有無や在籍する生徒数なども大きく異なります。国公立大学の合格者総数でランキングすると、同じような学力層の高校の場合は当然、生徒数が多い学校のほうが上位になります。

そこで、生徒数による影響をなくすために合格総数を卒業生数で割った「合格率」でランキングすると以下のようになります(各校の条件を揃えるために現役合格数のみで算出します)。

 

国公立大学 現役合格率ランキング(府内公立高)

f:id:mid7739:20170618135602p:plain

僅差ですが、「数」で1位の嵯峨野に代わって、「率」では西京が1位となりました。堀川は最難関、難関大の受験者が多いために浪人率も高く、現役のみの合格率では3位となります。浪人を含めた合格率では77%で堀川が他を引き離して1位です。

もちろん、西京や嵯峨野、洛北も難関大受験者は多いので浪人を含めた合格率は、これらの3校もそれぞれ上昇します。

京都府北部の福知山も43.9%と高水準です。上位層が旧帝大や神戸大等の難関大に合格するだけではなく、多くの生徒が全国各地の国公立大へ進学しています。宮津や峰山、西舞鶴なども同様だと思いますが、京都府北部の高校の場合、どの大学に進学しようとも自宅を離れて1人暮らしが必要になるので、府南部の高校と比較すれと関西圏の国公立や関関同立へのこだわりは低いようにみえます。その分、全国各地の国公立大へ積極的に進学しているのではないでしょうか。

山城通学圏の進学校である南陽と城南菱創は卒業生数では100人以上違うため「数」では差があるようにみえますが、「率」を算出してみると国公立大合格率でも、難関大合格率でも同じような数字となりました。少なくとも今年の卒業生については両校は同程度の進学実績だったと言えます。

 

 

洛北高校 ~ 旧7帝大の学部別合格数 ~

旧帝大・学部別の合格者数、最後は洛北高校です。

東京大学 計3

 理科1類:1 理科2類:2

京都大学 計21

 総人:1 文学:1 法学:1  

 理学:1 工学:6 農学:8 医人健:3  

北海道大学 計6

 農学:2 医保:1 総合理系:3

東北大学 計0

名古屋大学 計2

 理学:1 農学:1

大阪大学 計9

 外国語:2 人間科学:1 経済:1 

 理学:2 歯学:1 基礎工:2

九州大学 計2

 理学:2

嵯峨野高校 ~ 旧7帝大の学部別合格数 ~

京都の公立御三家の1つ、嵯峨野高校旧帝大・学部別の合格者数です。

東京大学 計3

 文科1類:1 文科3類:1 理科2類:1

京都大学 計15

 総人:1 文学:1 法学:2 経済:2 

 理学:3 工学:4 農学:2  

北海道大学 計6

 文学:1 理学:1 工学:1 水産:3

東北大学 計2

 工学:1 農学:1

名古屋大学 計0

大阪大学 計18

 外国語:6 文学:1 人間科学:2 法学:2 経済:2 

 理学:2 工学:1 基礎工:2

九州大学 計4

 経済:1 工学:2 農学:1