京都 進路資料室

-京都の高校 大学合格実績-

京都の公立上位4校の専門学科の大学合格実績を比較する(2020年版)

年前に京都の公立上位4校(堀川、西京、嵯峨野、洛北)の専門学科の大学合格実績を比較する記事を書きました。

https://mid77.hateblo.jp/entry/2017/08/13/165600

当ブログのアクセス解析では、この記事が閲覧数で常に上位となっています。それだけ、いわゆる”御三家”の専門学科の進学実績に対する関心が高いのだと思います。そこで、今回は2018年から2020年までの3年間のデータを使った最新版をお届けします。

なお、前回と同じく既卒生(浪人生)については専門学科のみの合格実績は公表していない学校が大半なので(洛北のみ公表)、現役生のみのデータであることをお断りしておきます。また、洛北高校については今春の卒業生までは厳密な意味では専門学科ではありません(普通科中高一貫コース)。現3年生からは専門学科(サイエンス科)です。

f:id:mid7739:20200823135102p:plain

上のグラフは2020年春の単年での合格実績です。卒業生数は各校によって差があるので、比較しやすいように各大学群の合格数を卒業生数で除したものを”合格率”としています。

最難関大(東大・京大・国公立医学科)の合格率では洛北一貫が30%に迫る実績を上げ、4校の中で最上位でした。ちなみに洛北一貫と同じ中高一貫校である洛星の2020年春の最難関率(現役)は20.2%です。

最難関大と難関大(東大京大以外の旧帝大と一橋、東工大、神戸)をあわせた合格率では、洛北と堀川探究が40%を超えています。洛北、堀川の専門学科では4割以上の生徒がそれらの難関国立大に現役進学したということになります。

f:id:mid7739:20200823142212p:plain

続いて2018年から2020年までの3年間の平均値です。堀川と洛北がほぼ同等の実績となっています。前回(2015~2017年の3年平均)との比較では、堀川の最難関率が25.9%から22.5%にやや下がっています。難関率には変化ありません。洛北は最難関率、難関率とも微増です。

西京と嵯峨野も、この3年平均ではほぼ同水準の実績です。前回から比べると嵯峨野の最難関率が4.4%から8.5%へと2倍近く増加して西京に迫ったためです。西京の最難関率も8.2%から9.2%と増えています。一方で難関率では西京・嵯峨野ともにやや減らしています。