進路資料室

-京都の高校 大学合格実績-

公立上位4校の専門学科を比較する

らく低迷していた京都府の公立高校の進学実績が上向きに転じたのは嵯峨野高校堀川高校に、進学指導に重点を置いた「専門学科」が設置されたことがきっかけだとされています。

2000年代の前半から堀川、嵯峨野、西京といった専門学科を設置した各校の進学実績が伸び始め、塾業界を中心に「公立御三家」といった言葉も生まれ、今ではすっかり定着しました。

この「専門学科」というものは文部科学省令「高等学校設置基準」などで定められているもので、従来から工業、商業、農業などの職業教育をおこなうための専門学科を設置する高校は各地にありました。

嵯峨野(京都こすもす科)や堀川(自然探究科・人間探究科)に設置された専門学科はそれらの職業教育とは異なり、実質的には大学進学指導に特化した特進コースのようなものなので、総称して「特進系専門学科」と呼ばれることもあります。

現在、京都府内には特進系専門学科を設置する公立高校が16校ありますが、やはり進学実績という点では堀川、西京、嵯峨野が抜け出ています。桃山の自然科学科も今年はなかなか良い実績を出していそうですが、残念ながら高校側が自然科学科のみの大学合格実績を部分的にしか公表していないので正確なところはわかりません。なお、堀川と嵯峨野には専門学科とは別に普通科も存在しますが、公表されている実績をみる限り両校の専門学科普通科には大きな差があります。

これまで、このブログで紹介してきた各高校の進学実績はそれぞれの高校全体のものでしたが、入学試験の時点で専門学科普通科は別に募集され、高校3年間のカリキュラムも異なります。専門学科普通科の定員割合が高校によって様々であることも考えると、各高校の進学実績を比較する際には高校全体で考えるよりも、専門学科普通科を分けて、専門学科同士や普通科同士で比べることも、これから高校を受験する立場の中学生や、その保護者の方々にとっては志望校選択にとって意味のある情報となるように思います。

そこで今回は専門学科にしぼった進学実績について公立上位4校を一覧にしてみました。ただし洛北以外の各校は浪人の合格数については専門学科普通科の区別がつきませんので、表の数字はすべて現役のみの合格数です。なお、洛北の中高一貫コースは高校設置基準上の専門学科ではありませんが、事実上の特進コースという意味では御三家の専門学科と同様の位置付けですし、来年度からは高校課程が専門学科(サイエンス科)となる予定なので一覧に加えました。

※他校にも言えることですが、専門学科の名称にやたらと長いカタカナを使用したり、勉学内容を表さない名称をつけるのは、どうも好きになれません。洛北は確かに以前から「サイエンス」を看板にしていますが、専門学科名については伝統校らしく漢字で簡素な表現なものにしてほしかったと思います。

 

 公立上位4校・専門学科の進学実績(2015年~2017年の3年平均・現役のみ)

f:id:mid7739:20170814044222p:plain旧帝大と神戸大医学部合格数は各大学の合格数と「③国公医」の両方に計上し、合計欄で重複分を控除しています。このため各大学の合格数を単純に合計しても合計欄の数字と一致しない場合があります。

※生徒数は、学科別の卒業数について確認できない学校がありましたので、4校とも入学数で計算しています。転校、中退などで卒業数とは若干差異があると思われますがご了承下さい。

 

単年の合格実績のみでは各校とも年によって増減がありますので、過去3年間の合格数の平均値で一覧にしてみました。

生徒数は、最も多い西京高校・エンタープライジング科(定員280)と最少の洛北高校中高一貫コース(定員80)では3.5倍の差がありますので、合格者の絶対数では当然ながら生徒数の多い学校のほうが多くなります。

そこで、もう一つの視点として合格数を生徒数で除した百分率を「合格率」(正確な表現ではないかもしれませんが)として比較すると以下のようになります。

f:id:mid7739:20170814044333p:plain

※最難関大:東大、京大、国公立大医学部

※難関大:旧7帝大、一橋大、東工大、神戸大、国公立大医学部